聖丘カントリー倶楽部は、
50年以上の歴史を持つ
ゴルフクラブです。

お電話でのご予約はこちら0721-23-2810FAX番号はこちら0721-25-3163

お問い合わせ

コース案内

東コース攻略へのアドバンテージは飛距離です。ドライバーショットが鍵となります。
イメージ
中コース打ち上げ、打ち下ろしなど、距離感が鍵となる変化に富んだコース。
イメージ
西コース正確なショットが鍵となる戦略性に富んだチャレンジホールの数々。
イメージ

ローカルルールについて

1. アウトオブバウンズ(OB)の境界は白杭をもって標示する。   7. 西コース3番ホール右側の道路および排水溝に球が止まっている、またはスタンスがかかる場合は、道路の左側でホールに近づかない箇所にドロップすることができる。
2. コース内の池はウォーターハザードとして黄杭で標示する。
ただし、西コース4番、中コース2番の各ホールにおいては特設箇所にドロップすることもできる。
  8. スルーザグリーンのどこでも球がその勢いで自ら地面に作った穴にくい込んでいるときは、その球は罰なしに拾い上げて拭き、ホールに近づかず、球のあった箇所にできるだけ近い所にドロップすることができる。
3. 修理地は青杭または白線で標示する。   9. 目的外のグリーンはプレー禁止の修理地(スルーザグリーン)とし、その上に球があるかまたはスタンスがかかる場合、プレーヤーは、ゴルフ規則25-3bを適用しなければならない。(反則の場合マッチプレーではそのホール負け、ストロークプレーでは2打付加)
4. 東コース3番ホールのラテラルウォーターハザードは赤杭をもって標示する。   10. カート用の2本の軌道は、全幅をもってカート道路とみなす。
球がこのカート道路上にある場合は、ゴルフ規則24-2b(i)の救済を受けなければならない。(反則の場合マッチプレーではそのホール負け、ストロークプレーでは2打付加)
5. 指定したホールのティーから第1打がOBした場合は、前方の特設ティーからプレイング4でプレーしなければならない。
ただし、競技委員会が指定する競技についてはこの限りではない。
  11. その他すべてJGAゴルフ規則による。
6. 人工的障害物が、プレーに支障ある場合はゴルフ規則24-2による障害物とみなす。(固定席、砂箱、排水溝、散水栓、舗装およびゴム敷道路、照明器、樹木の支柱等)   12. ローカルルールの追加または訂正は随時倶楽部ハウスに掲示し、掲示のあった日から効力が発生する。